Nogifa file

逆転合格率100%!? 確実に逆転合格できる仕組みを作る専門塾の挑戦。

#Nogifa #逆転合格 #仕組み

Character.

偏差値28から独学8ヶ月で青学に合格し、在学中に塾と生徒のマッチングサービスを立ち上げる。株式会社Nogifaの創業者であり、CEOとCCOを務め、複数の会社の取締役を務める。

Index.

既存の塾の問題点

糸井 海利

こんにちは。株式会社Nogifa副代表の糸井です。今回はインタビュアーとして、専門塾の取り組みについて聞いていきたいと思います。

まずは、既存の塾の課題についてお聞かせください。

まず前提として、塾が提供している価値は、計画・実行・理解の3つしかないと考えています。

関根 郁弥

僕は、計画と実行に関しては問題が多いと考えています。

糸井海利

確かに、塾が提供している価値はその3つで説明できそうですね。

計画にはどんな問題がありますか?

カリキュラム粒度が大きいという問題があります。

関根 郁弥

個別カリキュラム謳っている塾のほとんどが、予めカリキュラムを数パターン作成して、偏差値層に応じてカリキュラムを当てはめているだけですね。例えば、偏差値40からMARCH狙う人はこれ、50から狙う人はこれみたいな。

生徒の性格や能力は千差万別ですから、最適解ではないのは明らかです。

糸井 海利

実際、教育の現場に立てばわかりますが、実に多様の生徒がいますもんね。実行はどうですか?(生徒のモチベーションの状態や理解度等)を短いスパンで正確に計測している塾はないですね。

実行は特に問題があると思います。

山本 崇太

基本的にどの塾も実行させる仕組みは属人的なので、実行できない要因の把握の質が低かったり、そもそも把握できない場合は多いように思えます。

また、実行できない要因に対するアプローチの質も低い。例えば、講師が声をかけたり、復習課題を出すくらいしかやっていないのが現状ではないでしょうか。

糸井 海利

確かに、塾に通ってたとき、できるから諦めるな!くらいしか言われなかった記憶があります。

結構パワープレイですよね笑。

関根 郁弥

計画と実行もそうですが、できない生徒を放置しているのが一番問題ですね。

基本的に塾に通う生徒って❶塾に入らなくても受かった生徒、❷塾に入ったから受かった生徒、❸塾に入っても受からない生徒の3パターンがいると考えています。

❷は塾のシステムを使って受かる生徒で、❸は塾のシステムからこぼれ落ちてしまう生徒ですね。

既存の塾はこの❸の層に対して積極的にアプローチしていません。

糸井 海利

塾のシステムが用意されていて、そこで解決できなかったら、頑張れと声をかけるしかないという感じですね。

既存の塾の問題について理解できました。

専門塾のアプローチ

糸井 海利

専門塾は合格率100%を目指していますが、具体的にどうやってやるのでしょうか?

計画・実行・理解の3つをハックします。

山本 崇太

まず計画ですが、個別最適化します。現状とゴールからカリキュラムを作成し、進捗に合わせてアップデートし続けます。

塾生はアプリを見れば、何を、どれだけ、どうやってやれば良いのかがわかるようになります。

糸井 海利

迷いがなくなりますね。進捗に合わせてカリキュラムが常にアップデートされるのはすごい。

実行は、塾生のモチベーションを定量的に把握・管理します。

山本 崇太

モチベーションが下がった要因を把握し、その要因に対してアプローチしていきます。

例えば、理解度が低い塾生にはすぐに補修を行ったり、入塾したてでカリキュラムの進みが悪い場合、学習動機づけを行ったりします。

赤塚 啓紀

人に頼るとエラーが起こるので、システムで管理するのが最適だと思います。

システムなら実行できていない塾生を確実に把握できますし、アプローチの質も担保できます。

これは実行できそうですね。理解はどうですか?

糸井 海利

山本 崇太

毎日の学習の定着度を高めます。

具体的には、復習のレコメンドの質を高めたり、疑問を即座に解決できる環境を用意します。

間違える頻度が高い箇所は、個別授業を行ったり、常に質問に対応できる体制を整え、質問をしやすい空気感を作ったりですね。

関根 郁弥

赤塚 啓紀

テックやデータを駆使して、やれることはたくさんありますね。

専門塾はかなりテックとデータに力を入れていますよね。他に何か取り組みはありますか?

糸井 海利

関根 郁弥

行動変容ですね。アプリだと、カリキュラムを1時間単位で区切ることによって、達成感を感じるスパンを短くしたり、学習の成果をアナリティクスでみれるようにしています。

さまざまな取り組みをしていますね。専門塾の本気度がわかりました。

糸井 海利

Nogifaで働きたい人へメッセージ

糸井 海利

最後に、専門塾のビジョンを教えてください。

合格率を100%にすることですね。どんな状態からでも志望校に合格できるようにしたいと考えています。

関根 郁弥

糸井 海利

誰でも成功体験を得れるようにするということですね。

はい。やれることはまだまだあると思っていて、教育にパッションがある方の参画をお待ちしています。

関根 郁弥

糸井 海利

具体的にどんな方の参画を期待していますか?

講師でも、エンジニアでもコアな部分は一緒で、成功体験を創出するというミッションに共感できる方、その実現に奔走できる方ですね。

関根 郁弥

全てはミッション実現のためにあるので、そこを最重視します。

糸井 海利

Nogifaらしいですね!最後にメッセージをお願いします。

Nogifaは創業からずっと、今が一番面白いフェーズだと思っています。

関根 郁弥

教育に興味がある方は一度お話ししましょう!連絡お待ちしています!

Recruit